熊本地震で失われた太陽光は保証されるのか

公開日:2016年4月30日
この記事は約 4 分で読むことができます。

先日起きた熊本地震。日々南海トラフ巨大地震が騒がれている中で、今回の地震は想定外の出来事でした。被害に合われた方々には謹んでお見舞い申し上げます。


今回の地震で400棟が全壊、1200棟以上が半壊してしまいました。そのうち太陽光発電を設置していた家屋はどのくらいあるのでしょうか。

fe8c00e502eeeea37c887a0e26dbfe60_s


全壊となれば太陽光は破壊され、半壊となれば運良く屋根だけ残り、太陽光は無事に残っている状態でしょうか。


このような事態になったとき太陽光の保証はどうなってしまうのでしょうか。太陽光発電を設置するに当たって、保証の話は出てきたかと思います。出力保証、機器保証、設置保証など。


ほとんどのメーカーは標準で無償保証が付いていますが、地震などの自然災害時の保証は無償ではなく、有償がほとんどです。有償というとお金が掛かるので加入する方はグッと少なくなってしまうのが現状です。


ほとんどが、このような事態に巻き込まれると、「あの時多少無理をしてでも補償に入っておけばよかった」と後悔することとなります。残念ながら自然災害の補償に入っていない方は当たり前ですが、太陽光の補償は効きません。


しかしながら、地震のような予期せぬ事態(不可抗力)に対しての保険を付けているメーカーは実のところあまりありません。


契約時には保証に関することは軽視されがちですが、太陽光発電は長く活躍してもらう物だし、高い買い物ですので設置すればヨシ!ではなく、補償面も考えた上で検討するべきです。

自然災害補償があるメーカー
  • 京セラ:10年~15年
  • サンテックパワー:10年
  • Qセルズ:10年
  • フジプレアム:10年

太陽光メーカーは42社ありますが、そのうち自然災害補償をつけているメーカーはたった4社しかありません。


じゃあ、自然災害補償を付ける場合はこの4社から選ばないといけないの。と思うかもしれませんが、全然そんなことはありません。


別で契約する必要こそあるものの、損害保険会社でもしっかり太陽光に対応してくれるところはいくつかあります。

太陽光の保険がある損害保険会社
  • 損保ジャパン日本興亜:THEすまいの保険
  • 東京海上日動:住まいの保険
  • 三井住友海上:GKすまいの保険

だいたい、保険料は太陽光初期費用の3%以内と言われています。

自然災害補償と損害保険会社の落とし穴

上記でもお伝えしたとおり、メーカーにはじめから付いている自然災害補償がなければ別契約で損害保険会社の保険で対応すれば良いのですが、


実はこれって全て火災保険の種類になります。火災保険は火災はもちろんのこと、台風、落雷、豪雨などによる自然災害はほとんどカバーできます。


これで保険は完璧だから万が一自然災害が起こっても大丈夫と思ったあなた。実はこれには大きな落とし穴があります。それは地震には対象外ということ。


試しにこれらの保険の説明をくまなく読んでみてください。地震は対象外と書いてありますので・・・火災保険だけの加入だと今回起きた熊本地震で破損した太陽光は補償されないということです。


太陽光が家財とみなされれば補償されるかもしれませんが、微妙なところなので補償されないと思っておいたほうがいいでしょう。


地震でも補償される保険とは

地震で壊れた太陽光発電は地震保険に加入していれば補償されます。住宅の購入にあたり、住宅ローンを組むわけですが、ほとんど銀行では火災保険に加入することが条件となっています。しかし、地震保険は必須ではないので加入する方は少ないのが現状です。


これだけ地震が多い国なのに実際に加入している世帯は意外にも少なく、たったの28.8%しかありません。阪神淡路大震災後でさえ増えたのはたった9%だけでした。


地震保険の加入が少ない理由としては、火災保険とセットでないと加入できないので、


「保険料がかさむ」「地震が起きる可能性が高いとされている地域ほど保険料は高い」
というところです。 (1年間:東京:20,200円、静岡:20,200円、熊本:6,500円)


地震保険は高いと思われていますが、国が運営しているので、様々な割引制度があったり、所得控除の対象だったりと、思っていたより安く済んでしまいます。


近年地震が多く、どこで起きるのか全く検討がつきません。南海トラフ巨大地震が起きると散々言われているのに一向に起きないですし・・・。


最近の地震の多さから平成29年1月から地震保険が5.1%も値上がりする予定なので、加入するなら28年中です。保険が高いと言っても地震が起きて家を建て直すことを考えれば安いですよね。


うちの場合は地震が起きて保険に入っていなかった事を考えてみたら・・・もう一家心中するしかないですので・・・ケチといえども火災保険と地震保険にはしっかり入ってます。

保険料はほとんど変わらない

太陽光メーカーに付いている自然災害補償の保険は、損害保険会社を通すので、損害保険会社を別契約で行おうが、太陽光メーカーに付いていようが、ほとんど変わらないですよ。もし変わったとしても微々たるものでしょう。また、地震保険は国の運営なので、どの保険会社を通しても保険料は全く変わりません。

point
    ソーラーパートナーズ

    コメントは受け付けていません。