タイナビを相談で利用する方法

公開日:2015年4月14日
この記事は約 5 分で読むことができます。

タイナビは、メディアでもちょこちょこ取り上げられているのもあって、ネット検索で見積りサイトと検索すればタイナビが出てこないほど知名度がアップしています。ネットの見積サイトでの中では現在最も利用者数の多いところです。

実はわたしの場合メディアで取り上げられる前に利用していました。見積目的ではなくて相談だけの目的ですけどね^^;いちおう見積りを目的にしているところなので申込方法としては住宅の情報を入力していきます。

2016y03m15d_225910450

 

相談なので必須項目以外は入力しなくてもいいのですが、相談事がスムーズに進むように入力に少し手間をかけました。以下はわたしが実際に入力した方法です。

また、私もそうですがいざ相談となると何を聞いていいのか忘れてしまうことが多々ありませんか。相談が終わってからあれも聞いておきたかったなんていうことにならないためにも、普段思っていることや疑問に思うことを箇条書きでメモをしておくのがいいですよ。

それでは、ここから自分がどのようなことを相談したいのか自分の聞きたいことに置き換えて入力して下さい。

途中で入力内容につまづいてしまうかもしれませんが、このページを見ながら行えばそのようなことはなくなりますので、どうすればいいか困ったときは参考にしてみて下さい。

 

タイナビ申込みの流れ

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 見積り方法の選択
  3. お客様情報の入力
  4. 見積り依頼する会社の選択

全体の流れとしてはこのようになっています。入力は1分で完結とありますが、
それはちょっと・・・考えながらの入力になるので1分は難しいような気がします。

とはいっても入力は下記を参考にしてもらえれば簡単にできます。
では1から説明していきます。


 

<公式サイトにアクセス>

公式サイトに行き、少しスクロールすると見積り入力画面が出てきます。
※更新が多々あるので若干違うかもしれませんが基本は同じです。ご了承ください。

tainabi1

①郵便番号

お住まいの郵便番号を入力します。

②物件種別

物件の種別を選択します。太陽光発電の設置はほとんどが個人です。
個人一戸建てを選択します。マンション経営やアパート経営をしているならマンション・アパートを選択します。

③見積もり依頼

オレンジ色の無料見積りスタートをクリックします。
ここまでは10秒もかからないかと思います。


 

<詳細の記入>
見積りスタートをクリックすると、見積り方法から始まり住宅の情報へと入力が続きます。つまづきそうなポイントを下記で説明しています。

tainabi2

※1.見積り方法の選択

簡易見積りは、現地確認をせずに入力した内容に基づいて見積金額を算出するので、結果が1日も経たないうちに回答が電話かメールで来ます。簡易見積りの場合はほとんどがメールでの回答です。

見積りを依頼するなら現地確認をした方が、正確な見積りがでますが相談が目的なので簡易見積りにしています。

※2.意見、要望の記載

記入は任意ですが、相談内容を相手に伝えておくためにも記入は必須です。またあらかじめ記入しておけば相談事もスムーズに進みます。ちなみに私が当時相談した内容は

  • SANYO製太陽光の特徴(現在はパナソニックです)
  • Kw単価はいくらか
  • 太陽光パネルやパワコンはどのくらいで交換になるのか
  • 電気買取制度が突然中止になったりすることはないのか
  • どのくらいで元がとれるのか
  • 設置すると本当に得するのか・・・等

※3.建物の長さ
図面があればすぐ分かりますが、図面がない場合もあります。その場合は歩幅で大体わかります。大きく1歩で1メートルです。

※4.設置予定面の方角
業者ならまだしも素人が分かるはずありません。分からないを選択すれば良いです。

※5.屋根の勾配
こちらも立面図があればなんてことありませんが、ない場合は分からないを選択でよいです。

※6.検討している予算
このくらいで設置したいという希望を選択します。

※7.併せて見積りしたい商品
あれば選択します。相談の中でここの話にも相手から触れてきてくれるので気になる商品があれば選択した方が良いです。

 


 

入力が済んだら一番下の「見積依頼をする」をクリックして、見積り完了画面がでたらとりあえず終了です。

tainabi3.png

入力後、早ければ半日、遅くても1日で選択した業者から電話やメールにて何かしらのアポがあります。

ちなみにわたしの場合は見積り依頼3社のうち3社ともメールでした。簡易見積りだったからでしょうか。結局、気になったので最終的には全ての会社と電話でやりとりをした記憶にあります。

思わずタイナビが良いと思った瞬間

今まで太陽光に限らず、一括見積りサイトって利用したことありますか?わたしは保険会社の一括サイトを利用したことあるのですが、依頼した翌日から電話応対を3時間ぐらいするハメになりました。なんとその数12社です。

それからというものの一括サイトはしつこいイメージが根付きましたが、今回どうしても太陽光の事を相談したかったのでそれを覚悟の上依頼しました。でも、タイナビは全く違ったんです。こっちから連絡しなければ向こうから連絡がくることはありませんでした。評判が良いっていうのはこういう事も含めて言うのかしら。一括見積サイトって捨てたもんじゃないなと思った瞬間です。

point

 

tainabi3

基本的に見積りを前提にしているサイトですが、相談だけでも相手は嫌がることはなく分かりやすく丁寧に教えてくれたので、疑問点はここで全て解決することができます。プロから生で直接聞くことができるのでこういったサイトがあると重宝します。

おかげさまで太陽光の設置に対する不安は和らぎ、設置したいという気持ちに傾きました。ついでにダンナさんに納得してもらえるようなアドバイスもいただいてしまいました^^;さらに会社オリジナルの誰でも太陽光の全てが分かるパンフも送ってくださいました。

最初から最後までこんなどケチなわたしに親切丁寧な対応をありがとうございました。なんか予算の話ばかりしてたような気が・・・

もし太陽光の設置を検討しているのでしたらいろいろな不安に思っていることを相談してみてもいいかもしれませんね。

    ソーラーパートナーズ

    コメントは受け付けていません。